>  > 神戸市の福原ソープはソープの激戦区

神戸市の福原ソープはソープの激戦区

90年後期の改正風適法が施行されて以降、ソープ店の数は激減しました。また2000年初頭から各都市部で再開発などの見直しが行われて、今まで点在していた風俗店は減退する格好となったのです。風俗店の数は減退していると書きましたが、それは店舗型の風俗店にいえることで無店舗型のデリヘル店などは増加傾向にあります。日本全国の風俗店で何の業種が多いのかと尋ねられればデリヘル店といえるでしょう。しかし、兵庫県にある神戸市の福原はソープが多く逆にその他風俗店の店舗数は少ないのです。福原は過去に遊郭を擁していた街で、その名残でソープ店が密集しているエリアになります。密集しているからこそ、福原はソープで有名になっているのですが店舗運営者からすれば激戦区となってしまい、毎夜営業で躍起になっていることでしょう。福原のソープ店は全部で20店舗以上で、その中にはコンセプトがあり男性客を楽しませます。福原のソープ街は華やかなイメージがありますが以外と街の景観は寂しく古びたイメージがあります。昼間にその街に行くとその風貌がどれほど寂れているかわかります。日中に福原のソープ街を歩いている人はおらず、店舗の前を掃除しているスタッフや呼び込みをしているスタッフがいるだけでお客の姿は見受けられません。夜になればそ街は姿を変え、多くの男性客が行き交う街になりますが、昼夜でここまで街の姿が変わるのも珍しいです。福原のソープがここまで発展したのはやはり過去に遊郭があった影響が強いと言えます。遊郭があった当初は特に厳しい法律はなく、本番行為が当たり前でした。福原の遊郭は吉原、島原と並ぶ日本三大遊郭の一つでそのうちの一つだった福原は相当栄えていたことがわかります。現在では京都の島原では風俗店を運営することは出来ず、街の景観を保つ為に当時の建物はあるものの風俗店は一つもありません。福原と吉原だけが現在でも風俗店が多数経営しているエリアになります。特に吉原のソープ街は日本でも屈指で吉原から連想される言葉は決まって風俗、ソープとなっているのです。福原でも同じことが言えます。吉原ほど大規模ではないのですが、吉原に次ぐ最大手ソープ街といっても過言ではなのではないでしょうか。観光地としても有名な神戸市ですが、男性のみで出かけた際はソープ街に出かけて少し羽を伸ばしても良いかもしれません。

[ 2015-07-22 ]

カテゴリ: ソープ体験談

福原 ソープ