>  > あまりの快感にため息しか出ない

あまりの快感にため息しか出ない

ベッドに俯せに寝そべった私に性感エステの女の子がマッサージを始めます。人肌の温度になっているアロマオイルが私の肌に染みていくように気持ちよく伸ばされていくのが何とも言えない快感なのです。日頃のストレスから解放されていくようで心の底から癒やされていくのがわかります。性感マッサージ嬢はメインの仕事でエステティシャンをしているのでこのあたりの癒やしのテクニックはお手のものですよ。そのうえ、ミニスカナースコスという艶めかしい衣装でのマッサージなので、何をするにしてもパンチラを見せつけられるので、ちんこが勃起しっぱなしで、そういった意味では心穏やかではないかも・・。なにしろこっちからのタッチは一切出来ないのが決まりですから、最初はそれがちょっと不満にも思えたのですけど最初の一瞬だけですかね。すべてを委ねた上で得る快感というのはマッサージならではで、これはこれで有りですよ。それと女の子のレベルが半端なく高いのがいいですね。ここでいうレベルはテクニックもそうなのですけどルックスも段違いにいいですから。

[ 2014-01-10 ]

カテゴリ: 性感マッサージ体験談